スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オープンエリア祭

20050724224803
KTM掲示板の運営のお陰で売上が伸びましたと言う事で、KTM250SXFをプレゼントしてもらいました。

大切に乗らなきゃ。

なんちゃって。嘘です。
スポンサーサイト

オープンエリア祭

20050723220300
天気もコースも最高。
とても涼しい所で夜は寒い位。徹夜明には助かります。

私はコース走れないので、試乗車乗りまくり。

画像は夜のバーベキューの風景。

実は私も

実は私もビックタンクマガジンにカラーで写ってました。発見。

最後のページのKEN2監督の後ろに写ってる三角巾つけた怪我人が私です。ちなみに顔は写ってません。

怪我が痛くてジャージが脱げなくてウロウロしているところです。

お~、菊池プロ

今月号のビックタンクマガジンの表紙は、盛岡の菊池プロじゃないですか。
今さっき気が付いた・・・

表紙デビュー?おめでとうございます。

さて、話は変わります。
久々の更新です。
巷では先週末は3連休。でも私は休日出勤。しくしく。
3連休は無理でしたが、土曜日だけ休めたので、嫁さんと一緒にお買い物行ってきました。

嫁さんの実家の近くにコジマ電気があって、最近そのコジマ電気の隣にヤマダ電機が出来たんです。そこがまた、安くなること。

最初はハイビジョンHDDレコーダーだけ買おうと思ってたんですが、ついついハイビジョンプラズマテレビまで買ってしまいました。
両方とも、価格.comの最安値を大幅に下回る価格が・・・


バイクに乗れないと、要らぬ所にエネルギーと資金を浪費してしまいます。(--;

鎖骨

20050713233301

今日は会社休んで病院行ってきました。
鎖骨の調子見るためです。

診断結果は順調に回復していて、手術の必要は本人が希望しない限り必要無いと言う事でした。

んで、鎖骨は画像のようにピコッと飛び出したまんま。このまま死ぬまでこんな感じです。(鎖骨折らない限り・・)

もう暫くして痛みが無くなればバイクにも乗れそうです。

さて、今更ながら怪我したときの事を書きます。
二日目は随分乗れていました。木古内に出ると毎回二日目にならないと人間のエンジンが掛からない感じ。
一週目の半分回ったところで3分前にスタートしたグループを何人かパスして、チェックポイントの直後のガレ場でフロントタイヤがパンク。
仕方なくその場でパンク修理して再スタート。しかし、空しい事に再スタートする頃にはトップグループに周回遅れにされていました。
足の怪我も痛かったのでこのままピットに戻ったら走るのやめてメカニックになろうと思ってました。(今回レアルエキップはメカニック無しで、自分のことは自分でする。鈴木監督も裕太郎くんも・・)

しかし、パドックに戻った頃には、このまま終わるのも勿体無いので、最後まで頑張ってやろうと走り続けることにしました。今思えば、これがいけなかった・・

二周目に入ってすぐに、ダム没した直後のユースケと遭遇。びしょぬれになって手を振ってました。(-A-)

んで、怪我したのは最初の河を走りきった後の、スリッピーな熊笹が沢山生えたのぼりのルートでした。
パンクした後に空気圧を1.5kgf/cm^2にしたせいか、ヘロッていたせいか、フロントからスリップダウン。
それほどスピード出てなかったのですが、ちょうどハンドルで鎖骨を打ってしまい、ゴリゴリッと言う異常な感覚で「やっちまった」事を実感。

肩を動かすと、鎖骨がゴリゴリ動きます。手で触ったら鎖骨が出っ張ってました。あちゃーって感じ。

こんな所でリタイアしたらバイクの回収が大変なので、痛くなる前に車が通れる林道まで頑張って走ることに。

歩くような速度(アイドリングよりチョイ高めでトコトコと)で走り続けるものの、何時まで経っても林道は出てこず、挙句の果てに河に到着しました。そう、二本目の河まで来ちゃったみたい。
一人でグオーと叫びながら、河を走りきって、河を出たところのスタッフが居るところまで到達することが出来ました。河渡りすると鎖骨がグリグリ動いて、涙ちょちょ切れてました。

当初、レースが終わるまでその場で待機と言う事だったのですが、20分~30分位待機した後に他の場所で重傷者が出たと言うことで、レース中断。
私も便乗して運び出してもらえることになりました。

ホントにレース関係者の皆さんにはご迷惑をおかけしたと思っています。
怪我後にスタッフの方には病院に運んでもらったり、身の回りの世話をしてもらったり本当に親切にしてもらいました。
この場を借りてお礼申し上げます。

これに懲りず、また挑戦したいと思いますので温かい眼で見守ってやってくださいまし。

八尋さん

20050710005100

木古内遠征のレアルエキップツアー?募集で同行となった八尋さんです。
今回は行きも帰りもKEN2監督と一緒にずっと4tトラックを運転していただきました。トラックの運転慣れていて、お手の物って感じです。

レースのほうはEクラス優勝です。(左端が八尋さん)
また機会があったら一緒に遠征しましょう。

怪我のその後

鎖骨の腫れも徐々に引いてきて、その代わりに飛び出た鎖骨がコブのようになって目立ち始めた。
服の着替えは一人で出来ないけど、徐々に右手を使っての作業が出来るようになってきました。しかし、肩を動かすと鎖骨がグリグリ動くのが分るので、あんまりハードなことは出来ないけど、右手を使うようになってから見る見る具合がよくなってきました。

むーん、バイクに乗りたい。
今週末はどうしよう・・・

KTM愛知祭りまでには良くなりますよに。(-A-)

函館2、隣の席

20050703204801
隣の席は今回のツアーの参加者の、八尋さん、青野さん、川崎さんとレアル契約ライダーのダイバーユースケ。そしてチームレアルエキップの横井さん。

海鮮丼を食べながら話す内容は、もちろん木古内レースの攻略方法と日本のED会の将来について。。

ごほっ。

函館

20050703202700
あおかん・・・ごほっ。青函フェリーで函館に到着後、飛行機でやってくる河合さんと合流する為に朝市にやって来ました。
昼前に河合さんと合流して、昼飯を食べる事に。

裕太郎君が直接交渉して、サービスしてくれそうな海鮮丼家で食べることにしました。
画像は海鮮丼を食べる、KEN2監督、河合さん、裕太郎君。

私は蟹丼食べました。

KEN2監督優勝

20050701215708

木古内で車検を受けるKEN2監督です。
行きの道中は、3/2以上の道のりを自らトラックの運転してました。
気さくでノリも良く、どんな相談も親身になって聞いてくれます。ホントに尊敬できるライダーです。

今回ライドしたマシンは05WR250Fです。ワークスと同じジュビロカラーの外装は目立ちますが、マシンのほうはほぼストック状態だそうです。

ただし、タイヤはスペシャルムースタイヤが装着されていて、通常固めの空気圧(相当)ですが、KEN2監督のスペシャルムースはパンクしてるんじゃないかと勘違いされてしまうほど低圧仕様。(親切な人がパンクしてるって教えてくれた。ホントの話)

このスペシャルムース。KEN2監督専用のスペシャル品なので市販はされていません。スペシャルというか自家製というか・・ぼそぼそぼそ:-)

今週末は北海道でMX全日本です。KEN2(元)監督の本業のほうも頑張って下さい。

ワタシハ、キュウジツシュッキンガンバッテキマス・・・
プロフィール

さんぶらじゃ

  • Author:さんぶらじゃ
  • 茶髪の方が私です。
カレンダー
06 | 2005/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。