スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきました

何故か、26日の夜あたりから携帯からの更新が出来なくなってしまいました。んげ。

26日の夜は富良野の「唯我独尊」と言う有名?!なお店でカレーとスウィーツを食べた後、富良野プリンス近くのホテルに宿泊。

今回の旅行で食べた料理で一番美味しかったのが、唯我独尊のスウィーツ。自分がジャガイモのタルトで嫁がカボチャのタルトを食べたのですが、暖かいタルトの横にアイスが盛り付けてあり、とても美味しかったです。二番目に美味しかったのが、このお店のカレー。

近くだったらまた行って見たいと思ったお店でした。

下は、富良野で宿泊したベルヒルズと言うホテルの部屋から見た風景。

SN381023.jpg


27日は登別温泉で宿泊なので、途中で支笏湖や地球岬に立ち寄りながら移動しました。

紅葉も終わりに近い支笏湖。
SN381027.jpg


夕焼けを見るつもりだったのに、予定外に米海軍空母キティホークの見物渋滞に嵌り、ちょいと薄暗くなってから到着した地球岬。
SN381032.jpg


キティホークも走りながら横目で見たけど、でかかったよ。
夜は室蘭でカレーラーメンを食べた後、登別温泉へ。

SN381036.jpg

べたべたの観光旅行。

そして、本日静岡に帰ってきました。
帰りの飛行機は、またもやプロ野球チームと同じ飛行機になり、報道陣や出発のセレモニーが行われてました。
SN381048.jpg

先日の日記にも書いたように、野球は興味ないのでダルビッシュ投手くらいしか分んないよ。画像はそのダルビッシュ投手。
レアルエキップの小山豪君並に男前だよ。

セントレアに到着した時に出迎えたファン層は中日ドラゴンズのファンとは明らかに違っていた!(若い女の子が多かった上に、キャーキャーと黄色い声が・・・)

明日から会社。
どうしよっかな~。(何を)
スポンサーサイト

夜のニングルテラス

20071027214014
ライトアップされると、更に幻想的になります。

森の時計

20071027213216
ゴリゴリして来ました。

ニングルテラス

20071027161944
ニングルテラスに来ました。紅葉が見頃で、山が黄色に染まってます。

今年の一月に来た時は、雪景色で白一色だったっけ。

これから、森の時計でコーヒー豆ゴリゴリして来ます。

望岳台

20071027111428
まだ来た事がなかったので来てみました。上富良野方面の道は通行止めです。

紅葉

20071027061904
画像は忠別ダム周辺。紅葉が見頃でした。

第三展望台

20071026120304
ここの気温は0℃。
歩いていると、以外と寒くないです。

登山靴とダウンジャケット持って来ていて良かったです。

旭岳ロープウェイ

20071026111820
これから登って来ます。途中、素晴らしい紅葉でしたが、ロープウェイ登り場付近は紅葉は終わっており、駐車場付近には雪が残っていました。

もちろん、ロープウェイ登った所は雪が積もって居る見たいです。

旭川の朝

20071026084036
宿泊先のロワジールホテル旭川の窓からの風景です。町の木々は良い感じに紅葉しています。

あは~ん

20071025184547
飛行機の中では、三方を中日ドラゴンズの選手に取り囲まれてしまいました。皆さん、デカイ体なのに、離陸してから着陸するまで、全員椅子のリクライニング使わずに、椅子の背もたれ立てたままでした。外人選手が目の前に座っていたけど、彼も同様。なので、何故か自分達も遠慮して、ずっと背もたれ立てたままでした。
こんな窮屈な飛行機は初めてでした。
ドラゴンズファンだったら、たまらんだっただろうなぁ。

ところで、画像は千歳空港近くで撮影した白鳥です。今回、現地に到着してから知ったショックな出来事があって、それは明日行く予定だった旭山動物園がしばらく休園中だと言う事です。インターネットで調べれば直ぐ分かる事なのにね。
だからこの期間はツアー料金が激安だったんだろうか。

何せ、四泊五日で道内の36のホテルから好きな所チョイス出来て、朝御飯ついて、レンタカーまでついている。もちろん往復の航空券が付いて何と5万円と数百円。

ホテルも随分良い所なので贅沢は言えないかな。

明日は予定変更して、山歩きでもしようかな。

とりあえず、旭川のラーメン村に向かいます。晩御飯はラーメン三昧です。

看板

20071025131241
出発ゲートはこんな感じ。

北海道遠征

20071025130924
これから、中日ドラゴンズと一緒に、北海道遠征です。

野球に興味ないので、選手見ても誰だか分からないよ。残念~。

こんだけ苦労しました

ISDEの坂を登るのに、こんだけ苦労しましたと言うシーンの、ほんの一部をUPしました。

やすおみ裕太郎君、すまん。

ISDEの坂

ルート出口のISDEの坂の動画をUPしました。
まずは、成功したところ。

泰臣君と、裕太郎君と、イシゲ君の走り。

小管さんの菊池プロヒル別ライン登り

来シーズンのゼッケン6、小管さんのヒルクライム動画もUPしました。

4cの涸れ沢登り

続いて、涸れ沢を登る吉川選手の動画です。

ISDE合宿 近藤ユースケ選手の動画

ミクシィに動画UPしました。
まずは今年のランキング順に、ユースケの菊池プロ・ヒルの壁登り

ルート出口のヒルクライム

20071019171423
今日は秋葉原出張でした。新幹線移動中。

まだビデオ編集出来て無いので、携帯で撮影した画像で更新です。

画像のヒルクライムはルート出口にある、最後のヒルクライムです。このルート最大の難所で、前日に雨なんか降った日なんか、岩盤と根っこにやられてとても登れたものではありません。

このルートを何度か走った事のある裕太郎君も、その事を知って居るので、この合宿でも途中まで登ったらエスケープラインに直行でした。しかし、何度もトライする内にヨッシーが登っちゃたもんだから、結局塚田さん以外は皆、登れるまでは帰らねぇぞ、こんちくしょう!モードになってしまったのはこの前の日記のとおりです。

このヒルクライム、過去も含むて登った事の有るライダーは、裕太郎君、マサトン、菊池プロ、河合さん、ヨッシー、ユースケ、イシゲ君、小菅さん、やすおみ、宮城君、自分の11人。(除くトラタイヤ)

11人中、7人がISDEライダーです。

このヒルクライムを、「ISDEの坂」と名付けようと思います。

2日目

20071017132154
合宿が終わってから毎晩の様に撮影したビデオ見てます。見る度に、トップライダー達のテクニックを発見します。本当に良い勉強になります。

さて本題です。
2日目は天竜川のMXコースで走り込み。
自宅からコースまでは40km位あり、朝も随分涼しくなって来たので、大半のライダーはトランポ移動なのですが、小菅さんと宮城君の二人は自走で移動です。

その理由は、ISDEには市街地走行もあるのですが、宮城君がまだ市街地走行の経験が無いので、その経験を積ませる為の練習と言う事だそうです。

コースまでの道中にコンビニ寄ったら、寒い寒いと凍えていたそうです。

MXコースの練習は、我が家は午後から見物に行ったのですが、みんな蜂の字・・・もとい、8の痔の練習をしていました。

三台がテールtoノーズでぐるぐる回っていて、コーナーもステップを擦るくらいのフルバンク、コーナー立ち上がりもフル加速、コーナー進入もフルブレーキ。そのまま3時間ぐるぐる回ってしまうんじゃないかと言う勢いに見えましたが、目が回ってしまってリズムを乱すと、追突や転倒となってしまいます。
画像はミカミさん?にヨッシーがオカマほった所。

MXコースでの走りも見物したのですが、元々彼らの速さはMX-IBクラス並なので流石に早いです。イシゲ選手や小菅選手は連続ジャンプも自然に飛んでました。

ビデオの編集が終わったら、参加ライダー達の走りの画像もUPして行きますね。

期待の新人

今回の合宿には、来年のISDE参加予定者も合同で開催された。
その来年参加予定者の一人、宮城君です。小管さんの一番弟子と言った方が分りやすいかな?

誰からの強制も無く、皆自主的に走っていたのですが、やはりトロフィーチームのライダーと走るのはとても過酷で、既に体力的に限界に来ているところです。


最後の五つ星クラスの難易度のヒルクライムでの一場面ですが、10回以上アタックしてセルも回らなくなり、本当に辛そうでした。

「エスケープルートから帰るかい?」と声を掛けてみると、疲れ果てた声で「ここからしか帰らない」とヒルクライムの頂上を指を指しました。その頂上にはトロフィーチームのライダー達が居ました。

結局、その後何度もアタックして、最後にはヒルクライムを登りきってしまいました。

EDを始めて一年半。すごい根性の新人です。
小管さん、凄いよ。

続きを読む

難易度5つ星

20071014111712
自宅前ルートの難易度5つ星クラスのヒルクライムのひとつ。
出口の岩盤根っこヒルクライムです。

トロフィーライダーと言えど、朝から誰も登れず、誰もが諦めていたのに、ヨッシーが登ってしまいました。

その後の展開は、誰もが予想出来る様に、全日本トップライダー達の負けず嫌い選手権となってしまいました。
ヨッシーの登頂を見ていたユースケが、直後に素晴らしい走りで登頂。根っこの男ラインで登ったのはこの二人で、残りのトロフィーライダーも独自のラインを開拓して、次々と登り初め、結局全員登ってしまいました。

流石全日本トップライダーです。

この頃になると、周回トレーニングと言うより、アタックツーリングと言う感じになってました。

見てる方も、とても楽しかったです。

ISDE合宿2

20071013154007
自宅前ルート、簡単では無いので、随分ハードなトレーニングになっています。

ここは沢登り入り口のヤチ。ライダーは裕太郎君。

ISDE合宿

20071013134701
今日は自宅前ルートにトロフィーライダーが集結して、合宿が行われています。

いろいろ

先週のレースで、中盤辺りからスカスカで効かなくなったフロントブレーキ。




レースの二日後、会社で仕事してたら嫁さんから電話が掛かってきた。
バイクを洗おうとして、ガレージから出したらフロントブレーキが効かなくて停まれずに、道路脇の側溝に落としてしまったそうな・・・・。
側溝に落として、倒れそうなバイクを支えながら携帯で実況中継してきました。

そうそう、ブレーキ壊れてたの嫁さんに言うの忘れてました。

会社から帰ったら引き上げるからそのままにして置いてと言ったら、電話の後嫁さん一人で持ち上げたそうな。

450EXC-Rの重さって120kgは有るよ。

嫁さんのパワー、恐るべし。

続きを読む

黒井沢

20071007192445
予想どうり?、塾長優勝。

コースはテクニカルで面白かったです。

気温も涼しく、熱中症の心配は無さそうでした。

自分は深い水溜まりで二回ほどダイブして、全身ずぶ濡れで、休憩する時、寒い位でした。

ん、休憩!?

コースマーシャルの小菅さん、裕太郎君には、夫婦共々色んな所でヘルプして貰い、ありがとうございました。
また、主催者及び、スタッフの皆さんもご苦労様でした。

黒井沢

20071007093028
長野県中津川のレース会場に来ています。
何故か疾風怒涛号が来ています。

塾長に聞いたら、暇だったから来たと言う事ですが、九州からは随分遠いでしょうが。

コースはミニ美和と言った感じで、塾長好みと言った感じでしょうか。

所で、今朝の外気温9℃。めちゃくちゃ寒いです。気温も美和並?!
プロフィール

さんぶらじゃ

  • Author:さんぶらじゃ
  • 茶髪の方が私です。
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。